Panasonicが録画用ブルーレイディスクやめる,そうだ!

 結局、雪は降らずじまい、それはそれで助かったが、寒いのだけは確実にやってきた。

 東洋経済onlineに、
  Panasonicが録画用ブルーレイディスクやめる訳
     需要減、代替サービス台頭に加えコスト高も重し
    https://toyokeizai.net/articles/-/648297

 そういえば、我が家にもBDREのストックがあったはず、

BDRE.jpg

 どこに置いておいたかな?と探すくらい、使うことは滅多に無くなっている。
 しかも有名なメーカー製ではない。Panasonicの製品は高くててが出なかったのも確か、
 このBDも、ドラえもんをTVで録画してアメリカの娘のところに送るため用、
 「ドラえもん」ブームが去ったので、大分残っている。

 「当社は2006年の録画用ブルーレイディスク発売以来、多くのお客様にご愛用いただいて参りましたが、2023年2月を以って、録画用ブルーレイディスク全品番の生産を完了させて頂きます。尚、後継商品はございません」

 環境要因①:売れなくなったハードのパッケージ・メディア
 環境要因②:急成長を遂げる代替サービス
 環境要因③:私的録音録画補償金制度の対象に
 環境要因④:原材料費の上昇
 
 かつては、CDもDVDもストックすることが当たり前だった。
 それをどれだけ再生するかは分からないが、映画館で観た映画が良かったのでDVDやBDのパッケージ版を買って棚に並べるとか、
 それがハードディスクにストック出来るようになり、ネット配信でストックする必要まで無くなってしまった。
 
 ましてや4KUHD BDDiskはこれから先、パッケージ版としての生き残りは出来るのだろうか?

 前にも触れたが、4KTVの性能向上で4K以上の画質で撮影された映像から作られたBDでがあれば、
 それを再生した4KTVの映像はアップコンバートされて、限りなく4KUHD BDに近づいている。

 PanasonicがBD生産を完了しても、当面市場からBDが消えることも無さそうだし、
 これはこれでPanasonicの経営判断としてよろしいのでは!

posted by ぷるめりあ at 13:31Comment(0)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント